ぼんやりスズメの備忘録

昭和でアナログな50代主婦が、トライでエラーでゴーな日々を綴ります。

火星に無事着陸! の、あと。

こんにちは。ぼんやりスズメです。

f:id:bon-suzu50:20210220142039j:plain


NASAの新たな火星探査車「パーシビアランス」が火星に無事着陸したニュース。

ここのところ、気持ちが内向きになっていたけど、パーッと壮大な気分になる話題。

だけど実はちょっとシュール。詳しくはこちらで。

www3.nhk.or.jp

 今回の探査はこれまでの火星探査とは大きく異なるのだとか。

これまでは

火星の環境が生命にとって生存可能なものか調べることが大きな目的。

今回は

ドリルを使って火星の岩石のサンプルを採取し、

その中に微生物や生命の痕跡を直接的に見つけるのが目的。

うーむ。生命は存在していた(している?)という前提からの探査ということか・・。

これはちょっと聞き捨てならないことじゃないですか。

そして、聞き捨てられないことはまだあります。

持ち帰った火星のサンプルに未知の生命が存在した場合を想定して、

危険性や対処法を議論しているんだとか。

検討されている内容を読んでみると、シュールというか、

ぞわっとすることがサラッと書かれていたので拾ってみます。

 

「地球外生命が地球を汚染することがないように

サンプルを隔離する特殊な施設を建設すること」

 

「地球の生命とは全く異なる組織や

構造をもつ生物が見つかったときの対処法」

 

映画みたい-!!と言いたくなる。でも、よく考えてみたら、

今まで検討されていなかったことが不思議なくらいよね。

 

小心者の私としては、ついでにこんな不安も湧いてくる。

勝手に着陸して、勝手にサンプルをとってくるということは問題ないのか?

こちら側は「探査」のつもりでやったことでも、あちら的には、

「侵略」とか「攻撃」とかととらえて、仕返しに来るとか襲撃にくるとか、

そういう危険は考えられないのか?  

あちらは必ずしも友好的であるとは限らないと思うんだけど・・。

そこらへんのとこは検討しなくても大丈夫なのか!??

微生物や何かの痕跡、という話が私の中では火星人になってる(^0^;

 

 先ほどのNASAの話に戻ると・・。今回の探査で得られたサンプルを、

地球に持ち帰るまでには検討事項がまとめられ、その方針に従って

隔離施設の建設などが進められることになっているんだそうです。

 

ロマンと不安がないまぜの気分です。