ぼんやりスズメの備忘録

機嫌よく暮らしたいものです50代。お疲れぎみの食卓を少しだけ楽ちんにするブログです。

MENU

自分の気持ち。いい感じに保つには?

こんにちは。

ぼんやりスズメです。

 

コロナの心配も消え去っていないというのに、

連日、目を覆いたくなるようなニュースばかり。

気持ちが滅入って、ため息ばかりついています。

 

なんとかならないのか!!などと考え出すとワサワサしてしまい、

やるべきことに集中できません。

 

こんなんじゃ負のスパイラルに入り込んでしまう!!

ここは冷静になって、気持ちをいい方向に向けなくては!

 

・・・とは思うものの、やっぱりネガティブなことしか思いつかない(>o<)

 

いやいや。たまには 気持ちがアップすることもあったと思うよ?

 

あったかなぁ・・・。

スマホの写真を見返してみました。

(そんな時、写真を撮っておくタイプですので)

 

すると、思い出しました。

こんな時でも、気持ちが和むことはちゃんとあったことを。

 

写真を見返しているうちに、なんとなくですが、自分の気持ちをいい感じに保つコツが見えてきたように思いました。

なので、忘れないよう、書き留めておくことにします。

完全に個人的備忘録ですが、おつきあいいただけますと嬉しいです。

下を見ながら歩く

茂みの中に見つけた花。

青色系の花が大好きなので、嬉しくて激写します。

本当は小さい花なのですが、アップにすると堂々とした一輪に見えます。

蕾もとっても美しい! 

花の名前はわかりませんでしたが(^0^;) 満たされた気持ちになりました。

f:id:bon-suzu50:20220324190123j:plain

 

こちらは、図書館に向かう途中でパチリ。

f:id:bon-suzu50:20220322184434j:plain

別の星に着陸したみたいな、ちょっと不思議な感じ。

ここではないどこかの気分を味わえるせいか、気持ちが開放されました。

 

上を見て歩こう、と言われますが、下を見ながらの散歩もいいものですね。

今の季節は特に、土に近い場所からエネルギーをもらえるように思います。

楽しい発見を見逃さない

これはなんだと思いますか?

f:id:bon-suzu50:20220322184455j:plain

スプーン!!  に見えますよねぇ。

 

実は、新玉ねぎの芯の部分なんですよ。可愛いでしょ?

f:id:bon-suzu50:20220322184505j:plain

こういうのを発見すると嬉しくなり気分があがります。

 

こんなのばっかり集めて眺めるのも、楽しい気分転換になるかもしれません。

甘いものはやっぱり最強

甘味は心を和ませてくれます。

こちらは、あんことみたらしの味を一緒に楽しめる夢のお団子(笑)。

f:id:bon-suzu50:20220322184520j:plain

このたっぷりとしたビジュアルがまた、幸福感をもたらしてくれます。

 

正体は豆腐の茂蔵さんの「特製おから入りこしあんこ 餡入り甘辛団子」です。

f:id:bon-suzu50:20220322184550j:plain
f:id:bon-suzu50:20220322184538j:plain

こんなのを見たら、クサクサしていても、にっこりしてしまいます。

 

本当に甘いものの力はすごいです。

体脂肪とか血糖値とか、色々気になることはあるけど、精神衛生上はピカイチのお助けツール(?)かな。

体にちゃんと栄養を

色々と手につかなくて、普段の食事もおろそかになりつつあります。

手抜き&いい加減料理が続いたことを反省し、季節の野菜をなんでも入れて作った野菜スープ。濃い緑色のものは、ブロッコリーの葉っぱです(#^.^#)

f:id:bon-suzu50:20220322184601j:plain

野菜スープを飲むと、乱れた食生活がリセットするような気もちになって

正気(?)に戻るような感じになれます。

 

できあがりは、たくさんの野菜がとても綺麗です。

その色を見ると嬉しくなり、よし! という気持ちになれるから不思議です。

文字から離れて色を楽しむ

寝る前に、動画を見る癖がついてしまいました。

それも、怒りや悲しみの感情をもたらすような内容のものばかり(>o<)

すると、感情が高ぶってなかなか寝付けなくなってしまいました。

見なきゃいいのに・・・

 

情報の追いすぎにも気をつけないといけませんね。

意識的に文字から離れることも大事だなと思っています。

 

見ていると気持ちが落ち着く本があります。こちらです。

f:id:bon-suzu50:20220322184625j:plain

「フランスの配色」 城一夫 著  パイ インターナショナル発行

どんな本かというと。

書籍紹介にはこんなふうに書かれています。

「フランスの色」を「配色」という観点から解き明かした、はじめての書籍です。

アントワネット、ジャン・コクトーから「星の王子さま」まで美の国フランスで愛された究極の色合わせ311例をシュブルールの色彩調和論などを交えながらやさしく解説しています。

巻末にすべての色名事典とCMYK値、RGB値付き。

 

文字から離れると言ってるのに、本?とお思いになるかもしれませんが。

 

こちらは、解説などは読まずに、美しい色の組み合わせをただ眺めるという楽しみ方もできます。私にとっては、素敵な色見本帳をたくさん見ることができて楽しいなぁ・・という感覚を得られる一冊なんです。

 

といっても、ちょっとわかりにくいですよね。

本当は中をお見せできたらいいのですが・・・。それができないのが残念です。

もしもご興味があれば。

綺麗な色を眺めていることは、私にとっては気持ちを穏やかに保つ方法のようです。

フランスの色に限らず、イタリアの色とか和の色とか、そういった類いの本もあるようなので、手元に揃えていきたいと思っています。

結び

ここのところずっと、気分が停滞気味だなぁ。むしろ下降しているなぁ・・と思っていたのですが、あらためて探してみるとポッと上昇することもあったことに気づいて意外でした。

自分で、自分の喜ぶツボを見つけたような気がします。

 

そして、なぜかこのブログを書いているうちに元気がだんだん戻ってきました。

なぜだろう?(・∀・)

まだ、自分自身の気持ちに未知なる分野がありそうです。

 

皆さんは、どんな方法で心を平らかに保っているのでしょうか?

 

こんな時だからこそ、小さい楽しみを見落とさないようにしながら、

気持ちを落とさずに過ごしていきたいものですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

\よろしければ 読者登録 お願いします/



ブログ村のランキングサイトに登録しています。

ポチッとしていただけると励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村