ぼんやりスズメの備忘録

機嫌よく暮らしたいものです50代。お疲れぎみの食卓を少しだけ楽ちんにするブログです。

スピッツ  デビュー30周年 おめでとう!!そしてありがとう!!

f:id:bon-suzu50:20210327000802j:plain

ぼんやりスズメです。

今回は、デビュー30周年を迎えたロックバンド、スピッツの事を書きます。

簡潔に、冷静にと思ってはいるのです。

しかし、つい気持ちが溢れてしまい取り乱すこともあるかもしれません。

どうか寛大な心で読んでいただければ嬉しいです。

30年間以上ずーっと4人でやってきたバンド

2021年3月25日 スピッツはデビュー30周年を迎えました

バンドの結成は1987年。なのでメンバーが共にいる時間は実に30年以上!!

夫婦でいえば銀婚式を軽く超えたあたりです。凄い。

長年やっていれば方向性の違いとか、性格の不一致とか、女の取り合い?とか。

そういう事があってもおかしくない気もします、ミュージシャンですし。

でもこの方たちは、メンバーチェンジ、活動休止、一度もない。

信頼しあってる。

とにかく30年以上もひとつの集合体で居続けられること。

スピッツの魅力の原点だと思います。

4人の詳細なプロフィールはこちらからどうぞ。

spitz-web.com

スピッツ4人の人柄はMCから伝わってくる

楽曲は知ってた でもメンバーのことはよく知らなかった私

ロビンソンがブレイクした頃からスピッツの楽曲も草野さんの声も好きでした。

CDもかなり買っていました。

でも失礼ながらメンバー各々の事はよく知りませんでした。

うっすらと持っていた印象といえば、

草野マサムネ氏(Vo/Gt) =不思議な人。

三輪テツヤ氏(Gt)=怖い人 

田村明浩氏(B)=地味な人

崎山龍男氏(Dr)=濃い人

本当に本当に申し訳ありませんという感じです・・。 

 

この日からスピッツ沼にはまってしまいました

今回、こんなふうにえらそうに語っていますが、私が4人のことをきちんと知ったのは2017年8月23日。

なぜ年月日まで言えるのかというと、初めてスピッツのコンサートに行った日だから。

 

2000年代に入ってからは公私ともに色々あって音楽を聴くことから離れていた私。

気持ちに余裕がなさすぎたのだと思います。

ずいぶんと時が流れたある日。

CMで流れていた「みなと」で心が引き戻されました。

「なんていい曲。沁みるわぁ・・・そういえば私、スピッツ、好きだったよなぁ・・」。

 

結成30周年のアニバーサリーツアーがあることを知ったのはそんなタイミングの時。

「スピッツ好き度が同レベル」だった友人がすぐにファンクラブに加入。

争奪戦を突破して手に入れてくれたのです。

「SPITZ 30th  ANNIVERSARY TOUR THIRTY 30 FIFTY 50」のチケット。

なんとアリーナ 7列目!!  それもセンター!! ビギナーズラックです。

三段跳びをやったら、草野さんにぶつかってしまう!というくらいの席!!!

(こちらが証拠写真です^^ 後生大事に保管してあります。)

f:id:bon-suzu50:20210608120215j:plain

 初のスピッツコンサートは私たちにとって刺激が強すぎました。

 

初めて本物のスピッツを見てびっくり!MCをきいて二度びっくり!!

初めて生のスピッツをみた時に思ったこと。

それは「スピッツって本当にいるんだ・・・」でした。

その次に思ったこと。「あれ?!!私の印象とえらく違う・・・」。

初めての生スピッツはこんなふうに映りました。

草野氏(Vo/Gt)=透きとおった目で歌う。 物知りで謙虚な人

三輪氏(Gt)=演奏時はセクシー。 喋ると面白い人  

田村氏(B)=ものすごく動き回る。 しっかりした人

崎山氏(Dr)=見ていて幸せになる。 天然で優しい人

迫力の演奏を終えたかと思うとおもむろに始まるMCは、盛り上げるわけでもなく、緻密にネタを考えているわけでもなく。

 

楽屋で雑談しているような感じ。ユルユルでダラダラでほっこり。

 

不思議なのは50歳(当時)なのに中高生の男子的な可愛さがあるところ。

普通に喋っているところにこそ、人柄の良さが滲み出てくる人達でした。

私と友人そろって、まずは草野さんの瞳にやられ、メンバーそれぞれの魅力にやられ、楽曲の素晴らしさを再認識。

そのままスピッツ沼にはまり込んだのは言うまでもありません。

もちろんコンサート翌日には私もファンクラブ会員になっていました。

 

そこからはもう、それまでの空白を埋めるべく猪突猛進の日々を送った次第です。

 

 

f:id:bon-suzu50:20210326233224p:plain

スピッツは根っからのロックバンド

その昔、「スピッツのライブって凄いらしいよ」

「最初から最後まで跳んだり踊ったりだって」と聞いたことがあり驚いたものです。

「ロビンソンのどこで跳ぶ?」「空も飛べるはずで踊れる?」。

 でも、コンサートやライブに行くようになりわかりました。

そうでした。スピッツはロックバンド。結成当時の彼らはパンクバンドだった。

紆余曲折して今のスタイルになっていますが根本のところにはロック魂がたぎってる。

 

ちょっと話はそれますが、彼らの想いをよく知ることができるのが、草野さんのラジオ番組「ロック大陸漫遊記」。

正直、スピッツファンも引くくらい(笑)ロックな曲が流れます。

スピッツファンならずとも、ロック好きの方はぜひ。

www.tfm.co.jp

話はもどり。

初めてのコンサートはボーッとしているうちに終わってしまいました。

しかし幸運なことに、その後も数回生スピッツに会いに行く機会に恵まれ、少しだけ周囲の様子をみることもできるようになりました。

(その後、あのような良席になることはありません。でも、スピッツのライブはチケットが取れるだけでもラッキーなのだ、とわかるようになりました。)

 

スピッツファンはマナーが良く静かめ でも熱い 

 スピッツの楽曲として表に出てくるのは、静かめなものが多いかもしれません。

メロディーは美しく声は繊細で切ない。でも激しいもの、ノリの良いものも実は多い。

席が決まっているコンサートはまだいいのですがスタンディングのライブは大変です。

端っこの方ながら最前列にいった経験(新木場サンセット)があります。

後ろから横からの圧が凄くて動けませんでした。

でも、前列センターあたりの人はもみくちゃの中でも踊りまくっていました。

踊りまくるといえば、コロナのため、途中で中止になってしまった「MIKKEツアー」。

私は中止になる前の横浜アリーナの回に行くことができましたが、私の隣席の男性も激しく踊りまくっていて驚きました。

でも、個人的には近所にそういう方がいてくれるととても嬉しい。躊躇なく、共に踊りまくれるからです。

 

といっても怯えることはありません。静かな曲の時は静かに聞いています。

(ちなみに、「ロビンソン」や「空も飛べるはず」では、みなさん、からだをゆらしつつ、じっくり聴いています。)

それにああ見えてスピッツメンバーも50代。MCの時には観客の足腰を労い、トイレ休憩を促してくれたりもします。優しい。

なので、思い切り弾けたいファンも、じっくり聴きたいファンも、楽しめます。

 

ああ、早くライブに行ける世の中になってほしいなぁ・・・。

 

スピッツ。マイペースで音楽界の第一線に存在し続けるバンド 

老若男女に支持を受けるスピッツ。親子二代でファンという人もザラ。

そして若手ミュージシャンからリスペクトされる存在でもあります。

 

ただ、ご本人達はぐいぐい前に出ていくタイプではない。とっても謙虚。

テレビが得意ではないようであんまり出たがらない。

(テレビ出演が決まるとファンの間ではどよめきが起きます)

そんなわけで、少し目立つ活動をすると「お! スピッツ? 久しぶりじゃーん」と思われます。

でも実のところは30年間コンスタントに活動をし続けています。

年数を重ね、ますます創作クオリティーも演奏技術も研ぎ澄まされ、ファンが増え続け、ますますチケット入手困難なミュージシャンであり続けているのです。

コロナ禍でのスピッツ

・2019年10月に発売されたアルバム「見っけ」を携え全国48箇所で予定されていたツアー「SPITZ  JAMBOREE  TOUR  2019-2020 "MIKKE"」中断中。

中止にせず延期と考えてくれるあたりがスピッツです。

<追記>「SPITZ  JAMBOREE  TOUR  2019-2020 "MIKKE"」は残念ながら中止になってしまいました。しかしホール公演中止を受け、感染拡大防止ガイドラインに沿う形でアリーナツアー「SPITZ JAMBOREE TOUR 2021  “NEW MIKKE”」の開催が発表されました。(2021.4.12) 詳しくは公式サイトをご覧ください。

https://spitz-web.com/

・2020年5月には2015年に劇場公開された「横浜サンセット2013-劇場版」をYouTube公式チャンネルで無料公開。※現在は終了してます。

これはDVD化されていない映像でファンの間では伝説になっているライブでした。

・6月にはリモートで作った楽曲「猫ちぐら」を配信。

・11月には有明にて一夜限りのコンサート「2020猫ちぐらの夕べ」開催。

こちらは後日、有料配信されました。※現在は終了してます。

コロナ禍でもスピッツの音楽を届けようと試行錯誤してくれています。

そしてデビュー30周年の日「紫の夜を越えて」配信

30周年となる2021年3月25日。

シングル44作目となる「紫の夜を越えて」のMVが解禁、配信もスタート。

※今年年初からTBSニュース23のエンディングで流れています。

「ロビンソン聴いてたな」「チェリー好きだった」の方、ぜひ今のスピッツを聴いてみてください。

立ち止まらない人達 スピッツ

大御所なのに威張ることなく、怠けることなく、新しい音を求め続ける人達。

53歳なのにロック少年な人達。

年齢はちゃんと重ねているのに、なぜかエバーグリーンの人達。

それがスピッツ。

同世代としては30年続けていることにまず尊敬です。

そして、いつも期待のはるか上をいく楽曲を届けてくれることに心から感謝です。

 

ごちゃごちゃ書き続けてしまいましたが一番言いたいのはこれでした。

スピッツ 30周年おめでとう!! 

そしてありがとう!!

 

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

\よろしければ 読者登録 お願いします/



ブログ村のランキングサイトに登録しています。

ポチッとしていただけると励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ
にほんブログ村